おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PT.OT国家試験対策メルマガ

PT.OT国家試験対策メルマガできました

PT.OT国家試験対策メルマガできました

実習等で忙しくてもできる
国家試験の無料メルマガができた


詳しくはリンク先にどうぞ(-^〇^-)
メルマガで国試対策

続きを読む »

スポンサーサイト

頸部伸展

頸部伸展の徒手筋力テスト

頸部伸展の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 頸最長筋
* 頸板状筋
* 頸半棘筋
* 頸腸肋筋
* 僧帽筋上部

肢位
*5~3伏臥位
*2~0背臥位

注意


その他
検査者は,これらの諸筋がさほど筋力の強い筋ではなく,それが最大の努力をしてもあまり大きな抵抗には耐えられないから,臨床的に注意を払いながらテストを行う必要がある.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        検査者の片手を患者の頭の頭頂後頭部の上に抵抗を加えるために置く.
        別の方の手は頭の下で頭を支えられるようにしておく.
テスト
        患者は顎を上げることなく頚を伸展する
判定
        患者は運動範囲全体を完全に動かしうる上に,
        最大の抵抗を加えられてもそれに対抗して止めておくことができる.
 4(GOOD)
検査者の位置
        検査者の片手を患者の頭の頭頂後頭部の上に抵抗を加えるために置く.
        別の方の手は頭の下で頭を支えられるようにしておく.
テスト
        患者は顎を上げることなく頚を伸展する
判定
        患者は中等度の抵抗ならそれに抗して運動範囲全体にわたり完全に動かしうる.
 3(Fair)
検査者の位置
        患者の頭のそばに立ち,
        片方の手で患者の前頭部(額)を支えてやる(か,すぐ支えられるような位置に置いておく)
テスト
        患者は上を見上げたり,顎を前につき出したりすることなく頚を伸展する.
判定
        運動可能範囲全体にわたり動かしうるが,抵抗には対抗できない.
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        患者が検査者の両手に頭を押し付けながら,わずかでも頚椎の伸展運動が起こせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        頚椎伸展筋に収縮活動を触知できるもの.
0(Zero)
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        筋の収縮活動も触知できないもの.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

頭部伸展

頭部伸展の徒手筋力テスト

頭部伸展の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 大後頭直筋     起 始    C2(軸椎)の棘突起に付着
             停 止   後頭骨の下項線の外側に付着
             支配神経  第1頚神経

* 小後頭直筋     起 始    C1(環椎)の後結節に付着
             停 止   後頭骨の下項線の内側に付着
             支配神経  第1頚神経

* 頭最長筋      起 始    T1~T5の椎体の横突起下部、C4~C7の椎体の関節突起に付着
             停 止   側頭骨の乳様突起に付着
             支配神経  頚髄神経

* 上頭斜筋     起 始    C1(環椎)の横突起に付着
             停 止    後頭骨の下項線の外方に付着
             支配神経  第1頚神経

* 下頭斜筋     起 始    C2(軸椎)の棘突起に付着
             停 止   C1(環椎)の横突起に付着
             支配神経  第1頚神経

* 頭板状筋     起 始    下位5頚椎の項靭帯、上位2胸椎の棘突起
             停 止   側頭骨の乳様突起と後頭骨の上項線の外側部
             支配神経  頚神経

* 頭半棘筋     起 始    T1~T6の椎体の横突起・C4~C6の椎体の関節突起
             停 止   後頭骨の上項線と下項線の間
             支配神経  頚神経

* 僧帽筋上部     起 始    後頭骨上項線、項靭帯
             停 止   鎖骨の外方1/3
             支配神経  副神経




補助筋   胸鎖乳突筋

肢位
*5~3伏臥位
*2~0背臥位

注意


その他
頭部は,細い支持装置につながった非常に重量の重い物体であることを忘れてはならない.
患者の頭を検査台から離すようなテストをするときは、患者の安全性のためにごく慎重な注意を払う必要がある,頚や体幹に筋力減弱の疑いのある場合には,常に検査者の手を患者の頭の下に置き,筋肉が耐え切れなくて落下するような場合にそれを支えて保持し,止められるようにしておく。
また、頭部伸展筋群に相当筋力減弱があるうえに,喉頭、咽頭筋の筋力減弱が伴うときには気道閉塞が起こる恐れがある.さらに嚥下障害を伴うこともありうる.これら両者の現象は頭部伸展筋が無力になると頭部屈曲筋に拮抗するものがなく,その結果起こる頭の位置がオトガイを胸の方に引き寄せてしまいやすく.特に仰臥位ではそれが起こりうるからである.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        片手は患者の後頭部の上で抵抗.他の手は頭を下から支える。
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
テスト
        患者に顎を上のほうに持ち上げさせ,頭を後ろに伸展させる(頚椎は伸ばさないこと)
判定
        できる限りの運動範囲を完全に動かせるもの.
        最大の抵抗に対抗して耐えられること(これらは強力な筋群である)
 4(GOOD)
検査者の位置
        片手は患者の後頭部の上で抵抗.他の手は頭を下から支える。
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
テスト
        患者に顎を上のほうに持ち上げさせ,頭を後ろに伸展させる(頚椎は伸ばさないこと)
判定
        できる限りの運動範囲を完全に動かせるもの.
        強力または中等度の抵抗には対抗し耐えられること.
 3(Fair)
検査者の位置
        手は頭を下から支える。
        
判定
        抵抗を加えなければ患者はできるかぎりの運動範囲を完全に動かせる.
 2(Poor) 
検査者の位置
        両手で患者の後頭部を下から支える.
テスト
        抵抗を加えなければ患者はできる限りの運動範囲を完全に動かせる。
判定
        運動範囲全体にわたり動かせるもの。
 1(Trace) 
検査者の位置
        両手で患者の後頭部を下から支えてやる.
        検査者のゆびは頭部伸展筋を触診するつもりで後頭骨底の脊柱の付け根のすぐそばにあてがう.
テスト
        検査者を見ようとこころみる.
判定
        脊椎のすぐそばで後頭骨底のところに頭部伸展筋を触診することは困難なことがある.
        頭板状筋は最も外側にあり,頭直筋は棘突起のすぐ隣に存在する。
0(Zero)
検査者の位置
        両手で患者の後頭部を下から支えてやる.
        検査者のゆびは頭部伸展筋を触診するつもりで後頭骨底の脊柱の付け根のすぐそばにあてがう.
テスト
        検査者を見ようとこころみる.
判定
        脊椎のすぐそばで後頭骨底のところに頭部伸展筋を触診することは困難なことがある.
        頭板状筋は最も外側にあり,頭直筋は棘突起のすぐ隣に存在する。(筋収縮なし)

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

コラム

しばしお待ちを

更新をしなくなってだいぶ経ってしまいました。

まだまだ、足りない情報もありますが
現在多忙でして
2010年8月~ぐらいには
再開できたらと思っております。

少なからず、MMTのインターネット上の辞書として
皆様の参考になったら幸いです。

手指母指MP関節屈曲

手指母指MP関節屈曲

手指母指MP関節屈曲の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 短母指伸筋    起 始   橈骨後側面、前腕骨間膜
             停 止   母指基節骨底の背側面
             支配神経 尺骨神経・正中神経

補助筋   

*5~0坐 位

注意


その他
長母指屈筋は代償機能を有するが,lP関節屈曲が起こってからである.
この代償動作を起こさせないためには,
母指指節間関節は屈曲させないようにすること.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        「おやゆびに加えられた最大の抵抗に負けずに
        運動可能範囲完全に動かせるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        強力あるいは相当な抵抗に対抗できるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        重力の影響は除かれているから,
        わずかな抵抗に対抗して運動範囲全体にわたり
        動かせるものを3とする.
 2(Poor) 
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        運動範囲全体にわたり動かせるもの。
 1(Trace) 
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        母指球内に長母指屈筋の腱をまず確認した上,
        筋を触診する.
        次に母指球内で長母指屈筋腱の尺側に
        短母指屈筋の筋腹を触知する.
0(Zero)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        筋収縮がない

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指内転

手指内転の徒手筋力テスト

手指内転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*掌側骨間筋    起 始   第2・4・5中手骨側面
             停 止   第2・4・5指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

補助筋   
示指伸筋

*5~0坐 位

注意


その他
ゆびの末節をつまんで外転する方向にゆびを弾いてみることにより,
手早く検査できる.もしゆびが跳ね返るか,ピタッと元に戻るようなら,
その骨間筋には機能が残っている.
テスト中,ゆびの屈曲が起こらないよう注意すること.
長指屈筋にはゆびを内転させるはたらきがありうるからである.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.
 4(GOOD)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.

 3(Fair)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        患者は中指に向かってゆびを内転し,
        閉じることができるが,
        抵抗を加えられたときにはそれに抗してまではできない.
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        段階2はテストされている各指の内転運動の一部ができる場合.
        段階2のテストはゆびに外転位を取らせてから始める.
        掌側骨間筋の触診が可能な場合は稀である.
        検査者の指をテストする指の側面に押し当てることにより、
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探りうる。
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        検査者のゆびをテストするゆびの側面に押し当てることにより,
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探り得る.

0(Zero)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        筋収縮がない

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指外転

手指外転の徒手筋力テスト

手指外転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*背側骨間筋    起 始   第1~5中手骨の相対する面(二頭)
             停 止   第2・3・4指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

*小指外転筋     起 始   豆状骨、屈筋支帯、尺側手根屈筋腱
             停 止   小指の基節骨底の尺骨側、指背腱膜
             支配神経 尺骨神経
補助筋   
指伸筋 小指伸筋
*5~0坐 位

注意


その他
段階5のテストでは,各指を内転させる方向に
弾いてみることで抵抗を加えるのもよい.
もしテストされたゆびが元どおりの位置に跳ね返ってくるようであれば,
段階はNormalとしてよい.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        患者はどのゆびでも外転はできる.
        中指については2つの背側骨間筋を持っているので,
        正中線からどちらの方向にも離れる運動ができることを忘れずに
        両方向への運動につきテストすること.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第1背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,
        どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.以外は段階1.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        収縮活動が全くないもの.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指DIP関節

手指DIP関節の徒手筋力テスト

手指DIP関節の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 深指屈筋      起 始   尺骨前面、尺骨鉤状突起、前腕骨間膜
             停 止   第2~5指末節骨底の掌側面
             支配神経 正中神経、尺骨神経


補助筋   

*5~0坐 位

注意
*5~4の抵抗は運動の最初から加える

その他
深指屈筋の腱は,それぞれのゆびの中節の掌面に触知できる.
 1.手関節は(屈伸)中立位を取らせたままとし,
   伸展(背屈)させてはならない.
   伸展に伴う手関節伸筋群の腱固定効果を
   起こさせないためである.
  2.患者がまずDIP関節を伸展し,ついでその力を抜くと,
    あたかも能動的にゆびの屈曲が起こったかのような
    印象を与えることがあるので,
    それにごまかされないようにすること.    

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておき,
        末節に伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        慎重に最大レベルの抵抗と思われる力を選んで加えても,
        それに負けず対抗して,
        可能な限りの最大運動範囲を完全に動かせる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておき,
        末節に伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        ある程度の抵抗を加えても,
        それに負けることなく
        可能な限りの最大運動範囲を完全に動かせる場合.

 3(Fair)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        抵抗を加えられることがなければ,
        可能な限りの最大運動範囲動かせる場合
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        全運動範囲動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        触知できる,あるいは目に見える収縮活動のあるもの.
        わずかな動きを伴うことも,伴わないこともある.

0(Zero)
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        筋収縮なし


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。