FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩関節外旋

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩関節外旋

肩関節外旋

肩関節外旋

主動作筋 

*小円筋        起 始   肩甲骨外側縁 
             停 止   上腕骨大結節下部
             支配神経 腋窩神経

*棘下筋        起 始   肩甲骨棘下窩  
             停 止   上腕骨大結節中央部
             支配神経 肩甲上神経

補助筋   

*三角筋後部線維

肢位
*5~0 伏臥位

注意
*5~4の抵抗は運動の最初から2本指でかける
 (筋を傷めやすいため)
*2のテストのとき前腕の回外に注意



その他
   
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かし,
        2本のゆびで加えた抵抗に十分対抗して
        その位置を保てるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かせるが,
        最終のところで負けるか,カが抜けるもの.
 3(Fair)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かせるが,
        検査者の手で抵抗を加えられれば,
        それに打ち勝って動かすことはできないもの.
 2(Poor)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        この重力を除いた位置でできる限りの運動範囲
        (すなわち,掌側面を前方に向かわせ)動かせるもの.
 1(Trace)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        両筋のいずれか,
        あるいは両方に触診で収縮活動が認められるが,
        運動は起こらないもの.

 0(Zero)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        筋収縮なし 




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。