FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 手関節屈曲

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手関節屈曲

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

主動作筋 

*橈側主根屈筋   起 始   上腕骨(内側上顆
             停 止   第2第3中手骨(底)
             支配神経 正中神経

*尺側手根屈筋   起 始  上腕頭:上腕骨(内側上顆)、前腕筋膜
                   尺骨頭:尺骨(肘頭)から尺骨中部までの後縁
             停 止  豆状骨、有鈎骨鈎、  第5中手骨底
             支配神経 尺骨神経


補助筋   

*長掌筋 浅指屈筋 深指屈筋 長母指屈筋 長母指外転筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の屈曲に力が入りすぎないように
 *橈側手根屈筋と尺側手根屈筋の分離検査も有



その他
        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし
        最大の抵抗にも負けずに対抗して
        その位置を保ち続けられる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし,
        強力または中等度の抵抗には対抗し,負けずに保てるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの下から支える.

テスト
        両(橈側と尺側)手根屈筋を一緒に同時にテストする場合:
        抵抗を加えられることなしに手関節を
        橈屈も尺屈も伴わないでまっすぐ屈曲させる.

        橈側手根屈筋に対するテストの場合:
        橈屈(橈側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.

        尺側手根屈筋に対するテストの場合:
        尺屈(尺側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.
判定
        抵抗がなければできる限りの運動範囲動かせる場合.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの近位のところで支える.
テスト
        手の尺側縁を台の上を滑らせながら,
        あるいは台から浮かせながら手関節を屈曲させる.
        2つの手根屈筋を別々に分離してテストするには,
        前腕を支え持って,手関節が台の上から浮くようにしながら,
        患者に手関節を尺側に,
        ついで橈側に偏らせながら屈曲させる
        (尺側偏寄と橈側偏寄を伴う手関節屈曲)
判定
        重力がかからない状態で,
        手関節の屈曲を可能な範囲完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        片方または両方の腱が目に見えた収縮
        あるいは触知できる収縮活動を示すが,
        その部分の動きは起こらない場合.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。