FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 上肢のMMT

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手関節伸展

手関節伸展

徒手筋力テスト~手関節伸展~

主動作筋 

*長橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第2中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*短橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第3中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*尺側手根伸筋   起 始  上腕頭:上腕骨外側上顆、尺骨頭:尺骨後側面
             停 止  第5中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経


補助筋   

*小指伸筋 示指伸筋 指伸筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の伸展に力が入りすぎないように



その他
 1.橈側手根伸筋群は尺側手根伸筋よりかなり強力である.
 2.第5,第6頚髄で完全四肢麻痺を起こした患者では,
   橈側手根伸筋群だけが残ることになる.
   手関節伸展(背屈)時に橈屈(橈側偏寄)が起こるのは,
   橈側手根伸筋の手関節に対するはたらきがより強いことを意味する.
   最もしばしば見られる代償動作は,
   指伸筋が参加するのを許すときに起こる.
   これをほとんど起こらないようにするには,
   ゆびの力を抜き,伸展させないように注意しながらテストすることである.        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
        
判定
        3つの筋すべての同時テストでは,
        最大の抵抗に抗し負けることなく
        完全手根関節伸展(背屈)できる場合.橈屈(橈側偏寄),
        尺屈(尺側偏寄)のテストの際には,完全伸展は必要ない.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        3つの筋すべてを同時にテストする場合には,
        強力ないし中等度の抵抗に抗し,
        完全手関節伸展(背屈)できるもの.
        個々の筋を別々に分けてテストする際には,
        完全手関節伸展はできないこともある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        筋全部に対するテストでは、
        抵抗が加えられなければ可能な範囲の
        運動を完全に遂行できるもの.
        橈側伸筋と尺側伸筋を別々に分けるテストでは,
        どちらかに偏らせるために
        大きな範囲の運動はできないことがある.
 2(Poor) 
検査者の位置
        前腕を中間位にさせ
        患者の手くびのところを持って支えてやり,
        手が台から離れ摩擦が起こらないようにする.
テスト
        患者に手関節を伸展(背屈)させる
判定
        重力がかからなければ,
        運動範囲全体を完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        いずれの筋についても,目に見える,
        あるいは触知できる収縮活動が存在する.
        しかし,手関節の運動は起こらないもの.

0(Zero)
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

手関節屈曲

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

主動作筋 

*橈側主根屈筋   起 始   上腕骨(内側上顆
             停 止   第2第3中手骨(底)
             支配神経 正中神経

*尺側手根屈筋   起 始  上腕頭:上腕骨(内側上顆)、前腕筋膜
                   尺骨頭:尺骨(肘頭)から尺骨中部までの後縁
             停 止  豆状骨、有鈎骨鈎、  第5中手骨底
             支配神経 尺骨神経


補助筋   

*長掌筋 浅指屈筋 深指屈筋 長母指屈筋 長母指外転筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の屈曲に力が入りすぎないように
 *橈側手根屈筋と尺側手根屈筋の分離検査も有



その他
        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし
        最大の抵抗にも負けずに対抗して
        その位置を保ち続けられる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし,
        強力または中等度の抵抗には対抗し,負けずに保てるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの下から支える.

テスト
        両(橈側と尺側)手根屈筋を一緒に同時にテストする場合:
        抵抗を加えられることなしに手関節を
        橈屈も尺屈も伴わないでまっすぐ屈曲させる.

        橈側手根屈筋に対するテストの場合:
        橈屈(橈側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.

        尺側手根屈筋に対するテストの場合:
        尺屈(尺側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.
判定
        抵抗がなければできる限りの運動範囲動かせる場合.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの近位のところで支える.
テスト
        手の尺側縁を台の上を滑らせながら,
        あるいは台から浮かせながら手関節を屈曲させる.
        2つの手根屈筋を別々に分離してテストするには,
        前腕を支え持って,手関節が台の上から浮くようにしながら,
        患者に手関節を尺側に,
        ついで橈側に偏らせながら屈曲させる
        (尺側偏寄と橈側偏寄を伴う手関節屈曲)
判定
        重力がかからない状態で,
        手関節の屈曲を可能な範囲完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        片方または両方の腱が目に見えた収縮
        あるいは触知できる収縮活動を示すが,
        その部分の動きは起こらない場合.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

前腕回内

前腕回内

徒手筋力テスト~前腕回内~

主動作筋 

*円回内筋      起 始   上腕骨頭:上腕骨内側上顆と内側上腕筋間中隔                                尺骨頭:尺骨粗面の内側縁
             停 止    橈骨 (骨幹、中部外側面)
             支配神経 正中神経

*方形回内筋     起 始   尺骨(骨前面の遠位1/4)
             停 止    橈骨(遠位部前面)
             支配神経 正中神経

補助筋   

*

肢位
*5~0坐 位

注意
*肩関節内旋・外転


その他
        橈骨手根屈筋や指屈筋による代償動作が
        起こることを防ぐために、患者にテスト中、
        手関節と指の力は抜いたままにするよう命じること。
        握手するときのように患者の手を握り,
        検査者の他方の手に患者の肘を載せて支え,
        握った手を介して回内させないよう抵抗する.
        この別法は患者の手関節および手が
        NormalかGoodのカを有するときに行ってよい.
        患者は回内運動をしようとする際に肩関節を内旋するか
        外転することがある.このようなことをすると,
        前腕は回内筋の力を借りずに回内位に回転する.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の横か前に立つ.肘を下から支えてやる.
        抵抗を加える検査者の手は,
        手くびのところで前腕の背面の上を握る.
テスト
        患者に掌側面が下を向くまで回内をさせる.
        検査者は手くびのところで
        この運動に対し回外する方向に抵抗を加える
判定
        できる限りの運動範囲,最大の抵抗に抗し,
        それに打ち勝って完全に動かせるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の横か前に立つ.肘を下から支えてやる.
        抵抗を加える検査者の手は,
        手くびのところで前腕の背面の上を握る.
テスト
        患者に掌側面が下を向くまで回内をさせる.
        検査者は手くびのところで
        この運動に対し回外する方向に抵抗を加える
判定
        強力あるいは中等度の抵抗に抗し,
        それに打ち勝ってできる限りの
        運動範囲完全に動かせるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の横か前に立つ.肘を下から支えてやる.
        抵抗を加える検査者の手は,
        手くびのところで前腕の背面の上を握る.

テスト
        患者に掌側面が下を向くまで回内をさせる.
判定
        抵抗を加えられることがなければ,
        できる限りの運動範囲完全に動かせるもの
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査者の手掌をくぼませて患者の肘の下にあてがい
        テストする上肢を支えてやる.
テスト
        患者は前腕を回内する.
判定
        動作範囲を完全に動かさせる。
 1(Trace) 
検査者の位置
        肘のすぐ遠位で前腕を支えてやる.
        検査者の他方の手のゆびは前腕の
        掌側面の上方3分の1のところで,
        上腕骨の内側顆から橈骨の外側縁に引いた
        対角線の上に当てて,円回内筋の触診を行う.
テスト
        患者に前腕を回内しようとさせる.
判定
        目に見えた,あるいは触知できる収縮活動は認めるが,
        その部分に運動は起こらないもの.

0(Zero)
検査者の位置
        肘のすぐ遠位で前腕を支えてやる.
        検査者の他方の手のゆびは前腕の
        掌側面の上方3分の1のところで,
        上腕骨の内側顆から橈骨の外側縁に引いた
        対角線の上に当てて,円回内筋の触診を行う.
テスト
        患者に前腕を回内しようとさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

前腕回外

前腕回外

徒手筋力テスト~前腕回外~

主動作筋 

*上腕二頭筋     起 始   長頭:肩甲骨上関節結節 短頭:肩甲骨烏口突起
             停 止    橈骨(橈骨粗面)
             支配神経 筋皮神経

*回外筋        起 始   上腕骨外側上顆、尺骨(骨幹後面)橈骨輪状靭帯
             停 止    橈骨(骨体背側と外側)
             支配神経 橈骨神経

補助筋   

*

肢位
*5~0坐 位

注意
*肩関節外旋・内転


その他
        握手するときのように患者の手を握り,
        肘を支えてやりながら,握手を介して抵抗を加える.
        このテスト法は患者が段階5または4の手関節と
        手の筋力を持つときに行える.もし手根屈筋が痛いのならば,
        抵抗はより難しいが、より痛みの少ない手くびに加える.
       
        1.患者は体の前で上肢を外旋かつ内転しようとすることにより,
          前腕回外位を取ろうとすることがある.
          この場合には回外筋の活動を伴うことなしに
          前腕が回外位にまわる.
        2.手根伸筋による代償動作を避けるために、
          手関節とゆびはできるだけ弛緩し、
          力を抜いておくよう患者に教える。

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の横か,前に立つ.片方の手で肘を支えてやる.
        手くびのところの掌側面で前腕をつかみ抵抗を加える.
テスト
        患者は回内位から開始し,
        掌側面が天井を向くところまで前腕を回外する.
        これに対し検査者は,回内させる方向に抵抗を加える
判定
        運動可能な全範囲にわたり動かし,
        最大の抵抗に対抗して
        その位置を保ち続けられるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の横か,前に立つ.片方の手で肘を支えてやる.
        手くびのところの掌側面で前腕をつかみ抵抗を加える.
テスト
        患者は回内位から開始し,
        掌側面が天井を向くところまで前腕を回外する.
        これに対し検査者は,回内させる方向に抵抗を加える
判定
        運動範囲全体にわたり,
        強力もしくは中等度の抵抗に抗して完全に動かせるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の横か,前に立つ.片方の手で肘を支えてやる.
        手くびのところの掌側面で前腕をつかみ抵抗を加える.

テスト
        患者は回内位から開始し,
        掌側面が天井を向くところまで前腕を回外する.
判定
        抵抗されなければ,
        運動範囲全体にわたり動かせるもの.
 2(Poor) 
検査者の位置
        テストする側の上肢を
        くぼませて肘の下から支えてやる.
テスト
        患者に前腕を運動可能範囲の一部でも回外させる.
判定
        運動範囲を部分的にでも動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        肘関節のすぐ遠位のところで前腕を支えてやりながら,
        前腕の背側で橈骨頭の遠位に回外筋を触知する.
テスト
        患者に前腕を回外させる.
判定
        収縮活動が軽く認められるが,運動は起こらないもの.

0(Zero)
検査者の位置
        肘関節のすぐ遠位のところで前腕を支えてやりながら,
        前腕の背側で橈骨頭の遠位に回外筋を触知する.
テスト
        患者に前腕を回外させる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

肘関節伸展

肘関節伸展

肘関節伸展

主動作筋 

*上腕三頭筋     起 始   長頭:肩甲骨上関節結節 短頭:肩甲骨烏口突起
             停 止    橈骨(橈骨粗面)
             支配神経 橈骨神経

補助筋   

*肘筋

肢位
*5~3伏臥位→2~0坐位
*5~0坐 位

注意
*肩関節外旋・肩関節水平内転。


その他
        1.検査者は筋活動を目で見るか,
          触知するかして確認すべきである
          (すなわち,上腕三頭筋活動が
           本当に存在することを確かめるペきである).
          なぜなら,患者は非常に巧みに代償動作を
          使いこなすようになるからである.
          事実、患者はしばしば代償動作を教わり、
          それを機能動作としてすすめられることがあるが、
          テストの目的のためにはそれを許さないこと.
        2.段階5や4の際の抵抗は,肘関節軽度屈曲位を取らせながら
          加えるべきで,さもないと患者は肘を過伸展反張位にして
          肘関節を「不動化する,ロックする」状態にできることが
          ありうるからである.
        3.伏臥位で肘伸展のテストをする場合、
          肩を水平に外転すると2関節筋の方が効果が弱くなり、
          テストの段階付けも実際よりは弱くなることを
          知っていなくてはならない。
        4.段階5,4ならびに3に対する体位の取らせ方の別法は、
          患者に腰掛けて行う方法であり、検査者は患者の後ろに立って、
          上肢を屈曲した肘関節のすぐ上の部分で
          90°外転位に支えてやる方法で、
          患者に手関節部に加えられた抵抗に抗して
          肘関節を伸展させるものである。

患者に腰掛けさせて行う方法
          検査者は患者の後ろに立って,
          上肢を屈曲した肘関節のすぐ上の部分で
          90°外転位に支えてやる方法で,
          患者に手関節部に加えられた抵抗に抗して
          肘関節を伸展させるものである.
 
          1.外旋を利用するもの.
            患者が上肢外転位で坐位を取っているときには,
            上腕三頭筋筋力段階0でも肘関節伸展を
            行うことができるように見える場合がある.
            これは患者が肩関節を外旋させ前腕が上腕の遠位で
            下方に落下するときに起こりうる.
            結果として肘は文字どおり肘伸展位を取る.
          2.水平内転を利用するもの.
            この代償動作は肘伸展を可能にすることができる.
            そして故意に頸髄損傷患者や上腕三頭筋筋力の患者が
            利用することがある.
            遠位部分を固定しておいて
            (たとえば,検査者が手や手首を固定しているときなど)
            患者が上腕を水平内転すると,
            その反動で肘は伸展位に牽かれることになる.そのため,
            検査者はテストの目的のためには,
            手関節部よりむしろ肘関節部で支えてやった方がよい.
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        伏臥位を取っている患者には,
        検査者は肘のすぐ上のところで支えてやる.
        検査者の他方の手は手くびの背面に下の方に
        押し下げるような抵抗を加えるのに用いる.
テスト
        できる運動範囲内の最終点まで肘関節を伸展させる.
        あるいは前腕が床に平行に
        水平の位置に来るまで伸展させる.
判定
        できる限りの運動範囲を最大の抵抗を加えられても
        それに負けず対抗して伸展位にし,
        その位置を保ち続けられるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        伏臥位を取っている患者には,
        検査者は肘のすぐ上のところで支えてやる.
        検査者の他方の手は手くびの背面に下の方に
        押し下げるような抵抗を加えるのに用いる.
テスト
        できる運動範囲内の最終点まで肘関節を伸展させる.
        あるいは前腕が床に平行に
        水平の位置に来るまで伸展させる.
判定
        できる限りの運動範囲を強力な抵抗に負けずに対抗して
        伸展位にまで持ちこすことができるが,
        最終点では抵抗に「抗し切れず負ける」感じのあるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        伏臥位を取っている患者には,
        検査者は肘のすぐ上のところで支えてやる.
        検査者の他方の手は手くびの背面に下の方に
        押し下げるような抵抗を加えるのに用いる.
テスト
        できる運動範囲内の最終点まで肘関節を伸展させる.
        あるいは前腕が床に平行に
        水平の位置に来るまで伸展させる.
判定
        外から手による抵抗を加えられることがなければ,
        できる限りの運動範囲を最終伸展位まで持ってこれるもの
 2(Poor) 坐位or背臥位
検査者の位置
        患者のテストする側に立つ.
        肘のところで上肢を支えてやる.
テスト
        患者に肘関節を伸展しようとさせる.
判定
        重力の影響抜きならば,
        できる限りの運動範囲を完全に動かせるもの.
 1(Trace) 坐位or背臥位
検査者の位置
        患者のテストする側に立つ.
        前腕の下面に手を当てて上肢を支えてやり,
        肘頭のすぐ近位で上腕の後面のところで
        上腕三頭筋を触診する.
テスト
        患者に肘関節を伸展しようとさせる.
判定
        肘頭のすぐ近位のところで,
        上腕三頭筋腱の緊張するのを感じ取ることができる.
        あるいは上腕の後面の上で
        筋線維の収縮活動を触知できるもの.


0(Zero)坐位or背臥位
検査者の位置
        患者のテストする側に立つ.
        前腕の下面に手を当てて上肢を支えてやり,
        肘頭のすぐ近位で上腕の後面のところで
        上腕三頭筋を触診する.
テスト
        患者に肘関節を伸展しようとさせる.
判定
        筋収縮がない




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

肘関節屈曲

肘関節屈曲

肘関節屈曲

主動作筋 

*上腕二頭筋     起 始   長頭:肩甲骨上関節結節 短頭:肩甲骨烏口突起
             停 止    橈骨(橈骨粗面)
             支配神経 筋皮神経

*腕橈骨筋       起 始   上腕骨(橈側顆上骨縁)
             停 止   橈骨茎状突起近位部
             支配神経 橈骨神経

*上腕筋        起 始     上腕骨(遠位2/3の骨幹前面)
             停 止     尺骨(尺骨粗面)
             支配神経   筋皮神経


補助筋   

*円回内筋・橈側手根屈筋・尺側手根屈筋

肢位
*5~2坐 位→1~0背臥位
*5~3坐 位→2~0背臥位
*5~0背臥位→

注意
*5~3では上腕二頭筋は肩をおさえ、腕橈骨筋、上腕筋は肘をおさえる。


その他
        1.テスト実施中,患者の手関節屈筋群は
          弛緩させたままにさせること.
          なぜなら手関節屈筋群が強く収縮すると
          肘関節屈曲を助けることになりうるからである.
        2.何らかの理由があって坐位を取ることが許されない場合には,
          これらの筋のすべてのテストは
          仰臥位で行わなければならないが,その時には,
          段階3のテストでは腰掛けて行うテストのときに
          加わる重力による抵抗の代りとなる程度の
          手による抵抗を加えること.
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当て,対抗力を加える.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり動かし,
        最大の抵抗を加えられても,
        それに対抗して十分に持ちこたえうるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当て,対抗力を加える.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり,
        強力ないし中等度の抵抗に打ち勝って動かしうるが,
        最終のところでは十分対抗できないこともある程度のもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当てる.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり,
        3つのいずれの肢位でも,抵抗を加えられなければ,
        完全にできるもの.
 2(Poor) 坐位or背臥位
検査者の位置
        患者の前に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者に肘関節屈曲をこころみさせる
判定
        動作の全範囲を完全に動かす(個々の筋につきテストのこと)
 1(Trace) 坐位or背臥位

検査者の位置
        テストする側に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者は手を回外,回内,あるいは中間位で
        肘を屈曲しようとこころみる.
判定
        3つの筋のそれぞれのTraceの段階,
        すなわち収縮が起こっているのを触知しうるだけで
        運動は起こらないもの.

0(Zero)坐位or背臥位
検査者の位置
        テストする側に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者は手を回外,回内,あるいは中間位で
        肘を屈曲しようとこころみる.
判定
        筋収縮がない




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

肩関節内旋

肩関節内旋

肩関節内旋

主動作筋 

*肩甲下筋       起 始   肩甲下窩
             停 止   上腕骨小結節
             支配神経 肩甲下神経

*大円筋        起 始   肩甲骨下角  
             停 止   上腕骨小結節稜
             支配神経 肩甲下神経

*広背筋       起 始     第6~12胸椎、第1~5腰椎,仙椎、
                      第9~12肋骨、肩甲骨(下角)、 腸骨稜
             停 止     上腕骨小結節稜
             支配神経   胸背神経

*大胸筋        起 始     鎖骨部:胸骨内側1/2~1/3 
                     胸骨胸肋部:胸骨前面、 第1~7肋骨(軟骨部)
             停 止     上腕骨大結節稜
             支配神経   外側・内側胸筋神経

補助筋   

*三角筋前部線維

肢位
*5~0 伏臥位

注意
*2~0のテスト前腕の回内に注意


その他
        1.検査者はこのテストに際しては,
          回内運動に用心する必要がある.
          前腕の回内は内旋運動と見誤られやすい.
        2.内旋は外旋よりずっと強力な運動である.
          それは筋の大きさが違うためによるところが大きい.
        3.肩甲下筋を触診できないようなら,
          大胸筋でためしてみるのがよい.
          大胸筋は表在性の筋で,ずっと容易に感触がわかる.
        4.検査者の手を巻きタオルの代わりに腕の下に敷いてもよい.
          硬い検査台の上で腕を動かす際の不快感を患者に感じさせないようにし,
          同時に腕を床に対し垂直に垂らせるためである.
        5.段階2,1と0のテストには伏臥位の方が仰臥位や坐位よりよい.
          その理由は筋力の弱い患者は身体全体を回旋させて
          代償動作をしがちであるからである.
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        できるだけの運動範囲完全に動かすことができ,
        強い抵抗にも十分対抗できるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に
        向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        できるだけの運動範囲完全に動かすことはできるが,
        強力な抵抗を加えられれば「たわむ」ような感じがするもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に
        向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        抵抗されることがなければ,
        できるだけの運動範囲は動かせるもの
 2(Poor)
検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        できるだけの運動範囲は動かせるもの.
 1(Trace)

検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        できるだけの運動範囲は動かせるもの.

0(Zero)
検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        筋収縮がない




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

肩関節外旋

肩関節外旋

肩関節外旋

主動作筋 

*小円筋        起 始   肩甲骨外側縁 
             停 止   上腕骨大結節下部
             支配神経 腋窩神経

*棘下筋        起 始   肩甲骨棘下窩  
             停 止   上腕骨大結節中央部
             支配神経 肩甲上神経

補助筋   

*三角筋後部線維

肢位
*5~0 伏臥位

注意
*5~4の抵抗は運動の最初から2本指でかける
 (筋を傷めやすいため)
*2のテストのとき前腕の回外に注意



その他
   
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かし,
        2本のゆびで加えた抵抗に十分対抗して
        その位置を保てるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かせるが,
        最終のところで負けるか,カが抜けるもの.
 3(Fair)
検査者の位置
        患者のウエストのレベルで検査する側に立つ.
        段階5と4に対しては,検査者の片方の手の2本のゆびで
        手くびのところに抵抗を加える.他方の手は患者の肘を支え,
        運動の最後のところで多少逆方向の圧迫を加える.
テスト
        患者は垂れ下がった前腕を上の方に上げることにより,
        外旋しうる限り外旋をこころみる.
判定
        できる限りの範囲完全に動かせるが,
        検査者の手で抵抗を加えられれば,
        それに打ち勝って動かすことはできないもの.
 2(Poor)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        この重力を除いた位置でできる限りの運動範囲
        (すなわち,掌側面を前方に向かわせ)動かせるもの.
 1(Trace)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        両筋のいずれか,
        あるいは両方に触診で収縮活動が認められるが,
        運動は起こらないもの.

 0(Zero)
検査者の位置
        患者のテストする側の肩関節のところに立つか,
        低い腰掛けに座る.肩甲棘の下で棘下窩の中に
        肩甲骨体上にある棘下筋を触診する.
        腋窩の下縁と肩甲骨の腋窩縁(外側縁)に沿って
        小円筋を触診する.
テスト
        患者に肩関節を外旋しようとさせる.
        別法として患者の腕を外旋位に置き,
        患者に最終位置を取らせ続ける.
判定
        筋収縮なし 




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。