FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩甲骨下制と内転

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩甲骨下制と内転

肩甲骨下制と内転

肩甲骨下制と内転
主動作筋 
  *僧帽筋下部繊維  起 始    第7~12棘突起
               停 止    肩甲棘
               支配神経  副神経
補助筋   
  *広背筋・小胸筋・大胸筋

肢位
  *伏臥位

注意
  *肩甲骨の位置を事前に確認
  *頸部は中間位で行う
  
その他
   1.肩関節の屈曲外転に運動制限がある場合には,
     患者の上肢を検査台の縁を越えて乗り出すような位置に置き,
     検査者が最大拳上位に支えてやり,そこからテストを始めるることにする.
   2.正確に結果を比較するためには,毎回繰り返すテスト毎に(何日にもわたる),
     同一のテコの柄を用いるという原則を忘れていてはならない.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
         テストする側に立つ.抵抗を加える手は、
         肘関節の中枢側寄りのところで上腕骨下部に置く.
         抵抗はまっすぐ下方(床の方)に向かって加える.少し軽い抵抗としては,
         肩甲骨の腋窩縁(外側縁)上に加えてもよい.
テスト
         患者は上肢を検査台から少なくとも耳の高さまで持ち上げて,
         抵抗に抗して強くそのまま保持する.別の方法としては,
         上肢を頭の上に斜に挙げさせ,その位置を抵抗に抗して
         強く肢位を保ち続けさせる.
判定
         できうる限りの運動範囲の最後まで動かし,
         最大の抵抗に負けないように対抗してがんばることのできるもの.
         この筋は強力である.
 4(GOOD)
検査者の位置
         テストする側に立つ.抵抗を加える手は、
         肘関節の中枢側寄りのところで上腕骨下部に置く.
         抵抗はまっすぐ下方(床の方)に向かって加える.少し軽い抵抗としては,
         肩甲骨の腋窩縁(外側縁)上に加えてもよい.
テスト
         患者は上肢を検査台から少なくとも耳の高さまで持ち上げて,
         抵抗に抗して強くそのまま保持する.別の方法としては,
         上肢を頭の上に斜に挙げさせ,その位置を抵抗に抗して
         強く肢位を保ち続けさせる.
判定
         強力か中等度の抵抗に耐えうるもの.
 3(Fair)
検査者の位置
         テストする側に立つ.抵抗を加える手は、
         肘関節の中枢側寄りのところで上腕骨下部に置く.
         抵抗はまっすぐ下方(床の方)に向かって加える.少し軽い抵抗としては,
         肩甲骨の腋窩縁(外側縁)上に加えてもよい.
テスト
         患者は上肢を検査台から少なくとも耳の高さまで持ち上げて,
         抵抗に抗して強くそのまま保持する.別の方法としては,
                 上肢を頭の上に斜に挙げさせ,その位置を抵抗に抗して
         強く肢位を保ち続けさせる.
判定
         同じテスト手技を用いるが,抵抗には対抗できないもの.

 2(Poor)
検査者の位置
         テストする側に立つ.患者の上肢を肘の下で支えてやる.
テスト
         患者に検査台から上肢を上げさせようとする.
         もし患者の三角筋後部と中部が弱いために
         上肢を挙上できないときには,
         検査者が上肢を持ち上げ保持してやらねばならない.
判定
         上肢の重量を取り除き,重力の影響を除けば,
         肩甲骨の運動範囲を完全に動かせるもの.
 1(Trace)
検査者の位置
         テストする側に立つ.患者の上肢を肘の下で支えてやる.
テスト
         患者に検査台から上肢を上げさせようとする.
         もし患者の三角筋後部と中部が弱いために
        上肢を挙上できないときには,
         検査者が上肢を持ち上げ保持してやらねばならない.
判定
         肩甲棘根部と下部胸椎(第7~第12胸椎)の間の三角形の部分,
         すなわち僧帽筋下部の線維の走向に沿った部分に
         筋の収縮活動が触知できるもの.

 0(Zero)
検査者の位置
         テストする側に立つ.患者の上肢を肘の下で支えてやる.
テスト
         患者に検査台から上肢を上げさせようとする.
         もし患者の三角筋後部と中部が弱いために
         上肢を挙上できないときには,
         検査者が上肢を持ち上げ保持してやらねばならない.
判定
         筋収縮がなし

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。