FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩関節屈曲

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩関節屈曲

肩関節屈曲

肩関節屈曲

主動作筋 
*三角筋前部繊維  起 始    鎖骨外側1/3
             停 止    上腕骨三角筋粗面
             支配神経  腋窩神経
*烏口腕筋       起 始    烏口突起
             停 止    上腕骨内側前面中部(上腕骨小結節稜)
             支配神経  筋皮神経
補助筋   
  *大胸筋上部 三角筋中部 前鋸筋(肩甲上腕リズム)

肢位
  *5~0坐位 2~0は側臥位パターンあり

注意
*上腕二頭筋による肩の外旋(前腕回外をともなう)
*大胸筋による水平内転
*僧帽筋上部による肩の挙上

その他
烏口腕筋は肩関節屈曲(前方挙上)筋としての作用を持つが,
深部にあるために患者にあまり不快感を与えずに
触診することは難しく.不可能のことが多い.
1.三角筋の力のない時には、患者はまず肩関節に外旋して
  上腕二頭筋の力で肩の屈曲(前方挙上)をこころみることがある.
  これを避けるためには,上肢は内旋と外旋の中間位に置いて
  テストするようにしなければならない.
2.僧帽筋上部により代償しようとするときには,肩の挙上が起こる.
3.大胸筋により代償しようとするときには水平内転が起こる.
4.患者は肩関節屈曲(前方挙上)を助けようとして,
後ろに身体を反らせるか,または肩甲帯を持ち上げようとすることがある.


検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に立つ.抵抗を加える手は肘の直上で
        上腕骨下端の上にあてがう.他の手は肩関節固定に用いてもよい.
テスト
        患者は回旋や水平面内運動をすることなく肩関節を
        90°屈曲(前方挙上)する.肩甲骨は外転し,
        上方に回旋するのにまかせる.
判定
        最大の抵抗に抗して最終位置(90°)を保ち続けられる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に立つ.抵抗を加える手は肘の直上で
        上腕骨下端の上にあてがう.他の手は肩関節固定に用いてもよい.
テスト
        患者は回旋や水平面内運動をすることなく肩関節を
        90°屈曲(前方挙上)する.肩甲骨は外転し,
        上方に回旋するのにまかせる.
判定
        最終位置を強力な,あるいは中等度の抵抗に抗して保ち続けられる場合.

 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
テスト
        患者に肩関節を90°まで屈曲(前方挙上)させる.
判定
        運動範囲全体(90°)にわたり挙げられるが,
        抵抗に抗しては行えない場合.
 2(Poor)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立つ.肩関節の上で
        三角筋の前面の上に触診するゆびを当てる.
テスト
        患者に肩関節を90°屈曲(前方挙上)させる.
判定
        重力に抗しての運動を部分的に行えるもの
 1(Trace)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立つ.肩関節の上で
        三角筋の前面の上に触診するゆびを当てる.
テスト
        患者に肩関節を90°屈曲(前方挙上)させる.
判定
        検査者は三角筋前部に収縮活動を触知できるか,
        目に見ることはできるが,運動は起こらない場合.
 0(Zero)伏臥位or坐位
検査者の位置
        テストする側に立つ.肩関節の上で
        三角筋の前面の上に触診するゆびを当てる.
テスト
        患者に肩関節を90°屈曲(前方挙上)させる.
判定
        筋収縮なし


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。