FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩関節伸展(広背筋分離)

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩関節伸展(広背筋分離)

肩関節伸展(広背筋分離その2)

肩関節伸展(広背筋分離その2)

主動作筋 

*広背筋        起 始     第6~12胸椎、第1~5腰椎,仙椎、
                      第9~12肋骨、肩甲骨(下角)、 腸骨稜
             停 止     上腕骨小結節稜
             支配神経   胸背神経

補助筋   

肢位
  *5 坐位(4~0は総括テストになる)

注意

その他


検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の後ろに立つ.検査者のゆびで,
        ウエストのすぐ上で胸壁の外側(両側の)のところに
        広背筋の筋線維を触診する
        (このテストでは大胸筋の胸骨頭も同じように働く).
テスト
        患者は両手の上に(またはブロックの上に)押し下げる力を加え,
        検査台から殿部を持ち上げ浮かす.
判定
        患者が殿部を持ち上げて,
        尻を検査台から離すことができる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に立つ.肘関節のすぐ上で
        上腕の後面の上に抵抗を加える手を当てる.
テスト
        患者に上肢を検査台から離し,持ち上げようとさせる.
        肘関節はまっすぐ伸ばしたままにする.
判定
        可能な範囲の運動は完全に遂行できるが,
        強力な抵抗には負け,耐えられないもの.
 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
テスト
        患者は上肢を後ろに持ち上げて検査台から離そうとする.
判定
        手による抵抗を加えられることがなければ,
        可能な範囲の運動が完全にできるもの.
 2(Poor)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立つ.
テスト
        患者は上肢を後ろに持ち上げて検査台から離そうとする.
判定
        運動の範囲の一部ができるもの.
 1(Trace)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立ち,(広背筋を)触診する
        ゆびを胸壁側面で肩甲骨の下角の下かつ外側に当てる.
        腋窩の直上で肩の後ろに三角筋後部線維を触知する.
        大円筋は腋窩の直下で肩甲骨の外側縁に触知する.
        大円筋はこの部で腋窩に入る2つの筋のうち下の方の筋であり,
        腋窩の下後縁を形作っている.
テスト
        患者はいいつけられたときに上肢を検査台から
        持ち上げようとすること.
判定
        活動に参加する筋のいずれかに収縮活動を触知できるが,
        肩の運動としては起こらないもの.
 0(Zero)伏臥位or坐位
検査者の位置
        テストする側に立ち,(広背筋を)触診する
        ゆびを胸壁側面で肩甲骨の下角の下かつ外側に当てる.
        腋窩の直上で肩の後ろに三角筋後部線維を触知する.
        大円筋は腋窩の直下で肩甲骨の外側縁に触知する.
        大円筋はこの部で腋窩に入る2つの筋のうち下の方の筋であり,
        腋窩の下後縁を形作っている.
テスト
        患者はいいつけられたときに上肢を検査台から
        持ち上げようとすること.
判定
        参加する筋群に収縮応答が全くないもの


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

肩関節伸展(広背筋分離)

肩関節伸展(広背筋分離テスト1)

肩関節伸展(広背筋分離テスト1)

主動作筋 

*広背筋        起 始     第6~12胸椎、第1~5腰椎,仙椎、
                      第9~12肋骨、肩甲骨(下角)、 腸骨稜
             停 止     上腕骨小結節稜
             支配神経   胸背神経


肢位
  *5~4伏臥位 3~0は総括テストと同じ内容

注意

その他


検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に立ち,
        両手を使って患者の手くびの上で前腕を握る.
テスト
        患者は上肢を下方(尾側)に押し下げ,
        そうすることによって胸郭を骨盤に近づけようとする.
判定
        患者が可能な運動範囲全体にわたり,
        最大の抵抗に抗して動かしうる場合.
        もし検査者が両手を使って腕を上方に押し上げるような
        抵抗を加え得ない場合には,
        別法で示す坐位を取らせてテストするのがよい.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に立ち
        両手を使って患者の手くびの上で前腕を握る.
テスト
        患者は上肢を下方(尾側)に押し下げ,
        そうすることによって胸郭を骨盤に近づけようとする.
判定
        患者は可能な運動範囲全体にわたり動かせるが,
        強い抵抗を加えられたときにはそれに抵抗し切れず,
        最終点で負ける場合.

以下、3~は総括テストになるので、この分離判定は4までしかない
 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
テスト
        患者は上肢を後ろに持ち上げて検査台から離そうとする.
判定
        手による抵抗を加えられることがなければ,
        可能な範囲の運動が完全にできるもの.
 2(Poor)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立つ.
テスト
        患者は上肢を後ろに持ち上げて検査台から離そうとする.
判定
        運動の範囲の一部ができるもの.
 1(Trace)坐位or側臥位
検査者の位置
        テストする側に立ち,(広背筋を)触診する
        ゆびを胸壁側面で肩甲骨の下角の下かつ外側に当てる.
        腋窩の直上で肩の後ろに三角筋後部線維を触知する.
        大円筋は腋窩の直下で肩甲骨の外側縁に触知する.
        大円筋はこの部で腋窩に入る2つの筋のうち下の方の筋であり,
        腋窩の下後縁を形作っている.
テスト
        患者はいいつけられたときに上肢を検査台から
        持ち上げようとすること.
判定
        活動に参加する筋のいずれかに収縮活動を触知できるが,
        肩の運動としては起こらないもの.
 0(Zero)伏臥位or坐位
検査者の位置
        テストする側に立ち,(広背筋を)触診する
        ゆびを胸壁側面で肩甲骨の下角の下かつ外側に当てる.
        腋窩の直上で肩の後ろに三角筋後部線維を触知する.
        大円筋は腋窩の直下で肩甲骨の外側縁に触知する.
        大円筋はこの部で腋窩に入る2つの筋のうち下の方の筋であり,
        腋窩の下後縁を形作っている.
テスト
        患者はいいつけられたときに上肢を検査台から
        持ち上げようとすること.
判定
        参加する筋群に収縮応答が全くないもの


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。