FC2ブログ
おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手指母指MP関節屈曲

手指母指MP関節屈曲

手指母指MP関節屈曲の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 短母指伸筋    起 始   橈骨後側面、前腕骨間膜
             停 止   母指基節骨底の背側面
             支配神経 尺骨神経・正中神経

補助筋   

*5~0坐 位

注意


その他
長母指屈筋は代償機能を有するが,lP関節屈曲が起こってからである.
この代償動作を起こさせないためには,
母指指節間関節は屈曲させないようにすること.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        「おやゆびに加えられた最大の抵抗に負けずに
        運動可能範囲完全に動かせるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        強力あるいは相当な抵抗に対抗できるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
        検査者の他方の手の1本のゆびで基節に
        伸展させる方向へのカを加え,
        MP屈曲をさせないよう抵抗する
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        重力の影響は除かれているから,
        わずかな抵抗に対抗して運動範囲全体にわたり
        動かせるものを3とする.
 2(Poor) 
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        運動範囲全体にわたり動かせるもの。
 1(Trace) 
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        母指球内に長母指屈筋の腱をまず確認した上,
        筋を触診する.
        次に母指球内で長母指屈筋腱の尺側に
        短母指屈筋の筋腹を触知する.
0(Zero)
検査者の位置
        第1中手骨をつかんでしっかり固定し,
        手関節やCMC関節にわずかな運動も起こらないようにする.
テスト
        患者にIP関節を伸展位に保ったまま,
        母指MP関節を屈曲させる.
判定
        筋収縮がない

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

手指内転

手指内転の徒手筋力テスト

手指内転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*掌側骨間筋    起 始   第2・4・5中手骨側面
             停 止   第2・4・5指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

補助筋   
示指伸筋

*5~0坐 位

注意


その他
ゆびの末節をつまんで外転する方向にゆびを弾いてみることにより,
手早く検査できる.もしゆびが跳ね返るか,ピタッと元に戻るようなら,
その骨間筋には機能が残っている.
テスト中,ゆびの屈曲が起こらないよう注意すること.
長指屈筋にはゆびを内転させるはたらきがありうるからである.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.
 4(GOOD)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.

 3(Fair)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        患者は中指に向かってゆびを内転し,
        閉じることができるが,
        抵抗を加えられたときにはそれに抗してまではできない.
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        段階2はテストされている各指の内転運動の一部ができる場合.
        段階2のテストはゆびに外転位を取らせてから始める.
        掌側骨間筋の触診が可能な場合は稀である.
        検査者の指をテストする指の側面に押し当てることにより、
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探りうる。
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        検査者のゆびをテストするゆびの側面に押し当てることにより,
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探り得る.

0(Zero)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        筋収縮がない

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指外転

手指外転の徒手筋力テスト

手指外転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*背側骨間筋    起 始   第1~5中手骨の相対する面(二頭)
             停 止   第2・3・4指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

*小指外転筋     起 始   豆状骨、屈筋支帯、尺側手根屈筋腱
             停 止   小指の基節骨底の尺骨側、指背腱膜
             支配神経 尺骨神経
補助筋   
指伸筋 小指伸筋
*5~0坐 位

注意


その他
段階5のテストでは,各指を内転させる方向に
弾いてみることで抵抗を加えるのもよい.
もしテストされたゆびが元どおりの位置に跳ね返ってくるようであれば,
段階はNormalとしてよい.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        患者はどのゆびでも外転はできる.
        中指については2つの背側骨間筋を持っているので,
        正中線からどちらの方向にも離れる運動ができることを忘れずに
        両方向への運動につきテストすること.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第1背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,
        どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.以外は段階1.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        収縮活動が全くないもの.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指DIP関節

手指DIP関節の徒手筋力テスト

手指DIP関節の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 深指屈筋      起 始   尺骨前面、尺骨鉤状突起、前腕骨間膜
             停 止   第2~5指末節骨底の掌側面
             支配神経 正中神経、尺骨神経


補助筋   

*5~0坐 位

注意
*5~4の抵抗は運動の最初から加える

その他
深指屈筋の腱は,それぞれのゆびの中節の掌面に触知できる.
 1.手関節は(屈伸)中立位を取らせたままとし,
   伸展(背屈)させてはならない.
   伸展に伴う手関節伸筋群の腱固定効果を
   起こさせないためである.
  2.患者がまずDIP関節を伸展し,ついでその力を抜くと,
    あたかも能動的にゆびの屈曲が起こったかのような
    印象を与えることがあるので,
    それにごまかされないようにすること.    

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておき,
        末節に伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        慎重に最大レベルの抵抗と思われる力を選んで加えても,
        それに負けず対抗して,
        可能な限りの最大運動範囲を完全に動かせる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておき,
        末節に伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        ある程度の抵抗を加えても,
        それに負けることなく
        可能な限りの最大運動範囲を完全に動かせる場合.

 3(Fair)
検査者の位置
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        抵抗を加えられることがなければ,
        可能な限りの最大運動範囲動かせる場合
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        全運動範囲動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        触知できる,あるいは目に見える収縮活動のあるもの.
        わずかな動きを伴うことも,伴わないこともある.

0(Zero)
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        指中節を両側からつまんで伸展位に固定しておく。
テスト
        1つずつのゆびを別々にテストすること.
        患者にそれぞれのゆびの末節を屈曲しようとさせる.
判定
        筋収縮なし


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指PIP関節テスト

徒手筋力テスト~手指PIP関節~

徒手筋力テスト~手指PIP関節~

主動作筋 

* 浅指屈筋      起 始   上腕尺骨頭:上腕骨内側上顆、尺骨鉤状突起
                       橈骨頭:橈骨前側面
             停 止   第2~5指中節骨底の掌側面
             支配神経 正中神経


補助筋   

*5~0坐 位

注意
*5~4の抵抗は運動の最初から加える

その他
指の運動を分離し,それだけ単独に行うことのできない人は多い.
そのような場合には,小指と環指を同時にテストしてよい.
 1.この運動に対する主な代償動作は深指屈筋によるもので,
   もしDIP関節の屈曲を許せば,このことが起こり得る.
 2.手関節の伸展(背屈)を許すと,長指屈筋の緊張が増し,
   結果として指節間(IP)関節の他動的屈曲が起こる.
   これは「腱固定」作用と呼ばれるものである.
 3.IP伸展を弛めると他動的なlP屈曲位になる.       

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        (テストするゆび1本以外の)
        すべてのゆびの全関節を伸展位に保持する.
        示指だけは分離することが完全にはできないこともある.
        検査者の他の手は,
        テストするゆびの中節骨頭(遠位端)に当て,
        伸展する方向に力を加えて抵抗を与えるのに使う.
テスト
        本のゆびは1本ずつ別々にテストする.
        患者にはDIP関節を屈曲しないでPIP関節だけ曲げさせること.
        他のゆびはどの関節も動かさせないこと.
        テストしているゆびの末端を検査者の母指で弾いてみて,
        深指屈筋は働いていないことを確かめること.
        つまり,DIP関節は伸展したままになっていて,
        ゆびの末節はぶらぶらで力が入っていないことを
        確かめるためである.
判定
        運動可能な範囲全体にわたり動かし,
        最大の抵抗をゆびに加えられても
        負けることなく曲げ続けられるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        (テストするゆび1本以外の)
        すべてのゆびの全関節を伸展位に保持する.
        示指だけは分離することが完全にはできないこともある.
        検査者の他の手は,
        テストするゆびの中節骨頭(遠位端)に当て,
        伸展する方向に力を加えて抵抗を与えるのに使う.
テスト
        本のゆびは1本ずつ別々にテストする.
        患者にはDIP関節を屈曲しないでPIP関節だけ曲げさせること.
        他のゆびはどの関節も動かさせないこと.
        テストしているゆびの末端を検査者の母指で弾いてみて,
        深指屈筋は働いていないことを確かめること.
        つまり,DIP関節は伸展したままになっていて,
        ゆびの末節はぶらぶらで力が入っていないことを
        確かめるためである.
判定
        運動可能な範囲全体にわたり動かし,
        適度な抵抗をゆびに加えられても
        負けないでがんばれるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        (テストするゆび1本以外の)
        すべてのゆびの全関節を伸展位に保持する.
        示指だけは分離することが完全にはできないこともある.
        検査者の他の手は,
        テストするゆびの中節骨頭(遠位端)に当て,
        伸展する方向に力を加えて抵抗を与えるのに使う.
テスト
        本のゆびは1本ずつ別々にテストする.
        患者にはDIP関節を屈曲しないでPIP関節だけ曲げさせること.
        他のゆびはどの関節も動かさせないこと.
        テストしているゆびの末端を検査者の母指で弾いてみて,
        深指屈筋は働いていないことを確かめること.
        つまり,DIP関節は伸展したままになっていて,
        ゆびの末節はぶらぶらで力が入っていないことを
        確かめるためである.
判定
        抵抗されることがなければ
        全運動可能範囲の屈曲ができるもの.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        あとは段階5,4,3の場合と同じ。
        長掌筋と尺側手根屈筋の間で,
        手関節の掌側面上に
        浅指屈筋の収縮活動の有無を触診する.
テスト
        患者に近位指節間関節(PIP)を曲げさせる.
判定
        全運動範囲動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        あとは段階5,4,3の場合と同じ。
        長掌筋と尺側手根屈筋の間で,
        手関節の掌側面上に
        浅指屈筋の収縮活動の有無を触診する.
テスト
        患者に近位指節間関節(PIP)を曲げさせる.
判定
        触知できる,あるいは目に見える収縮活動のあるもの.
        わずかな動きを伴うことも,伴わないこともある.

0(Zero)
検査者の位置
        患者に(回内外)中間位を取らせる,
        あとは段階5,4,3の場合と同じ。
        長掌筋と尺側手根屈筋の間で,
        手関節の掌側面上に
        浅指屈筋の収縮活動の有無を触診する.
テスト
        患者に近位指節間関節(PIP)を曲げさせる.
判定
        筋収縮なし


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手関節伸展

手関節伸展

徒手筋力テスト~手関節伸展~

主動作筋 

*長橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第2中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*短橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第3中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*尺側手根伸筋   起 始  上腕頭:上腕骨外側上顆、尺骨頭:尺骨後側面
             停 止  第5中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経


補助筋   

*小指伸筋 示指伸筋 指伸筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の伸展に力が入りすぎないように



その他
 1.橈側手根伸筋群は尺側手根伸筋よりかなり強力である.
 2.第5,第6頚髄で完全四肢麻痺を起こした患者では,
   橈側手根伸筋群だけが残ることになる.
   手関節伸展(背屈)時に橈屈(橈側偏寄)が起こるのは,
   橈側手根伸筋の手関節に対するはたらきがより強いことを意味する.
   最もしばしば見られる代償動作は,
   指伸筋が参加するのを許すときに起こる.
   これをほとんど起こらないようにするには,
   ゆびの力を抜き,伸展させないように注意しながらテストすることである.        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
        
判定
        3つの筋すべての同時テストでは,
        最大の抵抗に抗し負けることなく
        完全手根関節伸展(背屈)できる場合.橈屈(橈側偏寄),
        尺屈(尺側偏寄)のテストの際には,完全伸展は必要ない.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        3つの筋すべてを同時にテストする場合には,
        強力ないし中等度の抵抗に抗し,
        完全手関節伸展(背屈)できるもの.
        個々の筋を別々に分けてテストする際には,
        完全手関節伸展はできないこともある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        筋全部に対するテストでは、
        抵抗が加えられなければ可能な範囲の
        運動を完全に遂行できるもの.
        橈側伸筋と尺側伸筋を別々に分けるテストでは,
        どちらかに偏らせるために
        大きな範囲の運動はできないことがある.
 2(Poor) 
検査者の位置
        前腕を中間位にさせ
        患者の手くびのところを持って支えてやり,
        手が台から離れ摩擦が起こらないようにする.
テスト
        患者に手関節を伸展(背屈)させる
判定
        重力がかからなければ,
        運動範囲全体を完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        いずれの筋についても,目に見える,
        あるいは触知できる収縮活動が存在する.
        しかし,手関節の運動は起こらないもの.

0(Zero)
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手指MP関節屈曲

徒手筋力テスト~手指MP関節屈曲~

徒手筋力テスト~手指MP関節屈曲~

主動作筋 

*虫様筋    起 始   深指屈筋腱
             停 止   第2~5指の指背腱膜
             支配神経 正中神経・尺骨神経

*掌側骨間筋     起 始  第2・4・5中手骨側面
             停 止  第2・4・5指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

*背側骨間筋    起 始  第1~5中手骨の相対する面(二頭)
             停 止   第2・3・4指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

補助筋   

*浅指屈筋 深指屈筋 小指屈筋 小指対立筋
肢位
*5~0坐 位

注意
*指関節は伸展状態で行う


その他
長指屈筋は虫様筋の代償をすることがある.
そのようなことを避けるために指節間(IP)関節が
完全に伸び切っていることを確かめつつ行うべきである.        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        MP関節より近位で中手骨を固定.
        ゆびの近位指節列掌側面に
        MPを伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        患者にMP関節の屈曲とIP関節の伸展を同時に行わせる.
        ゆびは1本ずつ別々にテストしてもよい.
        ゆびが曲がらないように注意.
        テスト中まっすぐ伸ばしたままにすること.
判定
        患者がMP関節の屈曲と指節間関節の伸展を同時に行えて,
        そのまま最大の抵抗に負けずに保てる場合.
        虫様筋の力がひとつひとつ異なるために,
        抵抗は1本ずつのゆびに加えること.
        虫様筋は神経支配も筋によって異なる.
 4(GOOD)
検査者の位置
        MP関節より近位で中手骨を固定.
        ゆびの近位指節列掌側面に
        MPを伸展させる方向に抵抗を加える.
テスト
        患者にMP関節の屈曲とIP関節の伸展を同時に行わせる.
        ゆびは1本ずつ別々にテストしてもよい.
        ゆびが曲がらないように注意.
        テスト中まっすぐ伸ばしたままにすること.
判定
        患者がMP関節の屈曲と指節間関節の伸展を同時に行えて、
        中等度ないし強度の抵抗に負けずに
        それに打ち勝って完全に行える場合.
 3(Fair)
検査者の位置
        MP関節より近位で中手骨を固定.

テスト
        患者にMP関節の屈曲とIP関節の伸展を同時に行わせる.
        ゆびは1本ずつ別々にテストしてもよい.
        ゆびが曲がらないように注意.
        テスト中まっすぐ伸ばしたままにすること.
判定
        抵抗を加えられることがなければ,
        患者がMP関節の屈曲と指節間関節の伸展を
        正しく同時に完全に行える場合.
 2(Poor) 
検査者の位置
        中手骨を握って固定するように.
        患者に(回内外)中間位を取らせ,
        中手指節(MP)関節は完全伸展,
        指節間(IP)関節はすべて屈曲位を取らせる.
テスト
        指節間(IP)関節は伸ばしたままで,
        中手指節(MP)関節をできるだけの
        運動範囲完全に屈曲させる.
判定
        重力を除いた肢位でなら,
        ナックル(指の付け根)を曲げながら,
        ゆびをまっすぐ伸ばす運動が完全にできるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        中手骨を握って固定するように.
        患者に(回内外)中間位を取らせ,
        中手指節(MP)関節は完全伸展,
        指節間(IP)関節はすべて屈曲位を取らせる.
テスト
        指節間(IP)関節は伸ばしたままで,
        中手指節(MP)関節をできるだけの
        運動範囲完全に屈曲させる.
判定
        強く萎縮した手でなければ,虫様筋を触知することはできない.
        段階1はごくわずかな動きをいう。

0(Zero)
検査者の位置
        中手骨を握って固定するように.
        患者に(回内外)中間位を取らせ,
        中手指節(MP)関節は完全伸展,
        指節間(IP)関節はすべて屈曲位を取らせる.
テスト
        指節間(IP)関節は伸ばしたままで,
        中手指節(MP)関節をできるだけの
        運動範囲完全に屈曲させる.
判定
        全く動かない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

手関節屈曲

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

徒手筋力テスト~手関節屈曲~

主動作筋 

*橈側主根屈筋   起 始   上腕骨(内側上顆
             停 止   第2第3中手骨(底)
             支配神経 正中神経

*尺側手根屈筋   起 始  上腕頭:上腕骨(内側上顆)、前腕筋膜
                   尺骨頭:尺骨(肘頭)から尺骨中部までの後縁
             停 止  豆状骨、有鈎骨鈎、  第5中手骨底
             支配神経 尺骨神経


補助筋   

*長掌筋 浅指屈筋 深指屈筋 長母指屈筋 長母指外転筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の屈曲に力が入りすぎないように
 *橈側手根屈筋と尺側手根屈筋の分離検査も有



その他
        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし
        最大の抵抗にも負けずに対抗して
        その位置を保ち続けられる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        片方の手で患者の前腕を手くびの下から支えてやる.
テスト
        患者に手関節を屈曲させる.
        ゆびと母指の力は抜いたままにすること.
        両方の屈筋をテストするとき:検査者は
        テストする手掌に母指を手の背側面にまわして抵抗を加える。
        抵抗は手関節を伸展(背屈)させる方向にまっすぐ,
        下方に向けて手掌全体に均等に加える.
        
        橈側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第2中手骨(手の橈側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        尺屈(尺側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.

        尺側手根屈筋をテストするとき:
        抵抗は第5中手骨(手の尺側)の上に,手関節を伸展(背屈)
        橈屈(橈側偏寄)させる方向に向けて集中して加える.
判定
        できる限りの手関節屈曲範囲を完全に動かし,
        強力または中等度の抵抗には対抗し,負けずに保てるもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの下から支える.

テスト
        両(橈側と尺側)手根屈筋を一緒に同時にテストする場合:
        抵抗を加えられることなしに手関節を
        橈屈も尺屈も伴わないでまっすぐ屈曲させる.

        橈側手根屈筋に対するテストの場合:
        橈屈(橈側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.

        尺側手根屈筋に対するテストの場合:
        尺屈(尺側偏寄)を伴いながらの手関節屈曲を行う.
判定
        抵抗がなければできる限りの運動範囲動かせる場合.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の前腕を手くびの近位のところで支える.
テスト
        手の尺側縁を台の上を滑らせながら,
        あるいは台から浮かせながら手関節を屈曲させる.
        2つの手根屈筋を別々に分離してテストするには,
        前腕を支え持って,手関節が台の上から浮くようにしながら,
        患者に手関節を尺側に,
        ついで橈側に偏らせながら屈曲させる
        (尺側偏寄と橈側偏寄を伴う手関節屈曲)
判定
        重力がかからない状態で,
        手関節の屈曲を可能な範囲完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        片方または両方の腱が目に見えた収縮
        あるいは触知できる収縮活動を示すが,
        その部分の動きは起こらない場合.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節を屈曲位にしながら支え持ち,
        他方の手の示指を用いて
        それぞれ検査対象とする腱を触診する.
        橈側手根屈筋腱の触知,および尺側手根屈筋腱の触知で
        それぞれを分けてテストする.
        橈側手根屈筋は手関節掌側面外側に位置し,
        患者に長掌筋があるときには,その外側に存在する.
        尺側手根屈筋の腱は,手関節の掌側面内側に存在する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。