FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 肩関節外転

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩関節外転 > 肩関節外転

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩関節外転

肩関節外転

肩関節外転

主動作筋 

*三角筋中部繊維  起 始     肩峰
             停 止     上腕骨中央外側部 (三角筋粗面)
             支配神経   腋窩神経

*棘上筋        起 始     肩甲骨棘上窩
             停 止     上腕骨大結節上部
             支配神経   肩甲上神経

補助筋   

肢位
*5~0 坐位 2~0は背臥位パターンあり

注意
*上腕二頭筋による代償→肘を屈曲させることで防止
*体幹屈曲防止

その他
   1.顔を反対側にまわし頚を伸展させることにより,
     僧帽筋を弛緩させ棘上筋の触知をよりやりやすくできる.
   2.三角筋と棘上筋は並んではたらき,-方が外転に働けば,
     他方もこれに加わる.
     棘上筋の筋力弱化が疑われるときにのみ触診が必要となる.
   3.肩を高く持ち上げたり,
     体幹を反対側に屈曲し傾けるようなことをさせてはならない.
     この種の運動は外転が起こっているように
     見せかけることがあるからである.
 
     上腕二頭筋による代償:患者が上腕二頭筋を使って
     運動を代償しようとする場合には,
     肩関節を外旋しかつ肘関節を屈曲しようとする.腕は挙がるが,
     外転筋の作用によるものではない.
     この種の代償動作を避けるためには,テストを始めるにあたり,
     上肢を多少屈曲位に置いて行う.
     しかし,テストのあいだ中
     上腕二頭筋の積極的な収縮は起こさせないようにする.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の後ろに立ち,
        抵抗を加える手を患者の肘の直上で上腕の上にあてがう
テスト
        患者に上肢を90°まで外転(側方挙上)させる.
判定
        下に向けておろさせるような最大抵抗に対抗して,
        最終到達位置に保つことができる場合.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の後ろに立ち,
        抵抗を加える手を患者の肘の直上で上腕の上にあてがう
テスト
        患者に上肢を90°まで外転(側方挙上)させる.
判定
        強力もしくは中等度までの下に向けて
        おろさせるような抵抗に対抗して
        最終到達位置に保つことができる場合.
 3(Fair)
検査者の位置
        患者の後ろに立ち,
        抵抗を加える手を患者の肘の直上で上腕の上にあてがう
テスト
        患者に上肢を90°まで外転(側方挙上)させる.
判定
        手による抵抗を外から加えられなければ,
        90°まで挙げる運動が完全にできる場合).
 2(Poor)背臥位or坐位
検査者の位置
        テストする側の筋を触診するために患者の後ろに立つ.
        肩関節の上方で肩峰突起部の外側に三角筋を触診する.
        棘上筋はゆびを僧帽筋の下の深部で
        肩甲骨の棘上窩の中に押し入れることにより触知できる.
        (坐位)患者のテストする側に立ち,
        触診するための手を背臥位のテストのと同様にあてがう.
テスト
        患者に上肢を外転しようとさせる.
        (坐位)患者に腕を転がすことなく
        検査台の上を滑らせながら肩関節を外転しようとさせる.
判定
        坐位テストでは運動範囲の一部が完全に
        背臥位テストでは全運動域を完全に動かせるもの.
 1(Trace)背臥位or坐位
検査者の位置
        患者の後ろで横に立つ.
        検査者はテストする上肢を
        肩関節約90°外転位で肘の部分で支えてやる.
        (坐位)患者のテストする側に立ち,
        触診するための手を背臥位ののテストと同様にあてがう.
テスト
        患者に上肢を外転位に保持しようとさせる.
        (坐位)患者に腕を転がすことなく
        検査台の上を滑らせながら肩関節を外転しようとさせる.
判定
         運動は起こらないが,
         三角筋の収縮が起こるのを触知できるか,
         目に見ることができる.
 0(Zero)背臥位or坐位
検査者の位置
        患者の後ろで横に立つ.
        検査者はテストする上肢を
        肩関節約90°外転位で肘の部分で支えてやる.
        (坐位)患者のテストする側に立ち,
        触診するための手を背臥位ののテストと同様にあてがう.
テスト
        患者に上肢を外転位に保持しようとさせる.
        (坐位)患者に腕を転がすことなく
        検査台の上を滑らせながら肩関節を外転しようとさせる.
判定
         筋収縮がない



よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

<<肩関節水平外転(水平伸展)徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節伸展(広背筋分離その2)>>

<<肩関節水平外転(水平伸展)徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節伸展(広背筋分離その2)>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。