FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 肩関節内旋

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩関節内旋 > 肩関節内旋

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩関節内旋

肩関節内旋

肩関節内旋

主動作筋 

*肩甲下筋       起 始   肩甲下窩
             停 止   上腕骨小結節
             支配神経 肩甲下神経

*大円筋        起 始   肩甲骨下角  
             停 止   上腕骨小結節稜
             支配神経 肩甲下神経

*広背筋       起 始     第6~12胸椎、第1~5腰椎,仙椎、
                      第9~12肋骨、肩甲骨(下角)、 腸骨稜
             停 止     上腕骨小結節稜
             支配神経   胸背神経

*大胸筋        起 始     鎖骨部:胸骨内側1/2~1/3 
                     胸骨胸肋部:胸骨前面、 第1~7肋骨(軟骨部)
             停 止     上腕骨大結節稜
             支配神経   外側・内側胸筋神経

補助筋   

*三角筋前部線維

肢位
*5~0 伏臥位

注意
*2~0のテスト前腕の回内に注意


その他
        1.検査者はこのテストに際しては,
          回内運動に用心する必要がある.
          前腕の回内は内旋運動と見誤られやすい.
        2.内旋は外旋よりずっと強力な運動である.
          それは筋の大きさが違うためによるところが大きい.
        3.肩甲下筋を触診できないようなら,
          大胸筋でためしてみるのがよい.
          大胸筋は表在性の筋で,ずっと容易に感触がわかる.
        4.検査者の手を巻きタオルの代わりに腕の下に敷いてもよい.
          硬い検査台の上で腕を動かす際の不快感を患者に感じさせないようにし,
          同時に腕を床に対し垂直に垂らせるためである.
        5.段階2,1と0のテストには伏臥位の方が仰臥位や坐位よりよい.
          その理由は筋力の弱い患者は身体全体を回旋させて
          代償動作をしがちであるからである.
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        できるだけの運動範囲完全に動かすことができ,
        強い抵抗にも十分対抗できるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に
        向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        できるだけの運動範囲完全に動かすことはできるが,
        強力な抵抗を加えられれば「たわむ」ような感じがするもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に立つ.
        患者の手くびのすぐ上で前腕の掌側に
        検査者の手を当てて抵抗を加える.
        検査者の他の手は肘のところにあてがい,
        対抗する力を加えるのに用いる.抵抗を加える方の手で,
        下方かつ前方に向かうような力を加える.
        対抗する力は後方かつ少し上の方に
        向かうような方向に加える.
        筋が弱いときには肩甲骨部を押さえ固定する.
テスト
        患者にできるだけの範囲内旋するよう前腕を動かさせる
        (後方かつ上方に向かい).
判定
        抵抗されることがなければ,
        できるだけの運動範囲は動かせるもの
 2(Poor)
検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        できるだけの運動範囲は動かせるもの.
 1(Trace)

検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        できるだけの運動範囲は動かせるもの.

0(Zero)
検査者の位置
        テストする側に立つか,低い椅子に座る.
        触診する手は腋窩の中心の深部に
        肩甲下筋の腱を確認できること.
        検査者が肩関節部でテストする腕を
        固定する必要のあることもある.
テスト
        患者に上肢を内方に回旋し,
        母指を指標にして掌側面が外の方に向かうか,
        台に向かう向きから後ろの方に離れる方向に回旋させる.
判定
        筋収縮がない




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<肘関節屈曲徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節外旋>>

<<肘関節屈曲徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節外旋>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。