FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 肘関節屈曲

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肘関節屈曲 > 肘関節屈曲

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肘関節屈曲

肘関節屈曲

肘関節屈曲

主動作筋 

*上腕二頭筋     起 始   長頭:肩甲骨上関節結節 短頭:肩甲骨烏口突起
             停 止    橈骨(橈骨粗面)
             支配神経 筋皮神経

*腕橈骨筋       起 始   上腕骨(橈側顆上骨縁)
             停 止   橈骨茎状突起近位部
             支配神経 橈骨神経

*上腕筋        起 始     上腕骨(遠位2/3の骨幹前面)
             停 止     尺骨(尺骨粗面)
             支配神経   筋皮神経


補助筋   

*円回内筋・橈側手根屈筋・尺側手根屈筋

肢位
*5~2坐 位→1~0背臥位
*5~3坐 位→2~0背臥位
*5~0背臥位→

注意
*5~3では上腕二頭筋は肩をおさえ、腕橈骨筋、上腕筋は肘をおさえる。


その他
        1.テスト実施中,患者の手関節屈筋群は
          弛緩させたままにさせること.
          なぜなら手関節屈筋群が強く収縮すると
          肘関節屈曲を助けることになりうるからである.
        2.何らかの理由があって坐位を取ることが許されない場合には,
          これらの筋のすべてのテストは
          仰臥位で行わなければならないが,その時には,
          段階3のテストでは腰掛けて行うテストのときに
          加わる重力による抵抗の代りとなる程度の
          手による抵抗を加えること.
   
検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当て,対抗力を加える.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり動かし,
        最大の抵抗を加えられても,
        それに対抗して十分に持ちこたえうるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当て,対抗力を加える.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり,
        強力ないし中等度の抵抗に打ち勝って動かしうるが,
        最終のところでは十分対抗できないこともある程度のもの.

 3(Fair)
検査者の位置
        テストする側に向かって患者の前に立つ.
        抵抗を加える手は手くびより上で
        前腕屈側表面に沿わせてあてがう.
        検査者のもう一方の手は手掌を凹ませて
        肩関節の前上面の上に当てる.
テスト
        患者はできる限りの範囲肘関節を屈曲する.
判定
        できる限りの運動範囲全体にわたり,
        3つのいずれの肢位でも,抵抗を加えられなければ,
        完全にできるもの.
 2(Poor) 坐位or背臥位
検査者の位置
        患者の前に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者に肘関節屈曲をこころみさせる
判定
        動作の全範囲を完全に動かす(個々の筋につきテストのこと)
 1(Trace) 坐位or背臥位

検査者の位置
        テストする側に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者は手を回外,回内,あるいは中間位で
        肘を屈曲しようとこころみる.
判定
        3つの筋のそれぞれのTraceの段階,
        すなわち収縮が起こっているのを触知しうるだけで
        運動は起こらないもの.

0(Zero)坐位or背臥位
検査者の位置
        テストする側に立ち,外転した上肢を肘の下から,
        もし、必要なら手くびの下から支えてやる.
        肘関節前面のくぼみのところで上腕二頭筋の腱を触知する.
        上腕では中央3分の2のところの前面に筋線推を触知でき,
        短頭の方が長頭の内側に位置している.
        上腕筋は上腕二頭筋腱の内側で上腕遠位部に触知できる.
        腕橈骨筋は前腕の近位掌側面上で
        肘窩の外縁を形作っているところに触知できる.
テスト
        患者は手を回外,回内,あるいは中間位で
        肘を屈曲しようとこころみる.
判定
        筋収縮がない




よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<肘関節伸展徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節内旋>>

<<肘関節伸展徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用肩関節内旋>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。