FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 手指外転の徒手筋力テスト

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 手指外転 > 手指外転の徒手筋力テスト

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手指外転

手指外転の徒手筋力テスト

手指外転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*背側骨間筋    起 始   第1~5中手骨の相対する面(二頭)
             停 止   第2・3・4指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

*小指外転筋     起 始   豆状骨、屈筋支帯、尺側手根屈筋腱
             停 止   小指の基節骨底の尺骨側、指背腱膜
             支配神経 尺骨神経
補助筋   
指伸筋 小指伸筋
*5~0坐 位

注意


その他
段階5のテストでは,各指を内転させる方向に
弾いてみることで抵抗を加えるのもよい.
もしテストされたゆびが元どおりの位置に跳ね返ってくるようであれば,
段階はNormalとしてよい.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        背側骨間筋にせよ,小指外転筋にせよ,
        いずれもあまり大きな抵抗に耐えて持ちこたえることはできない.
        段階5と4の筋の段階づけの差は
        反対側(健側)との比較が可能な場合にはそれに基づいて判定し,
        あるいはまた同時に臨床的な経験に基づいて判定する必要がある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の手関節が屈伸中間位を取るように支えながら,
        検査者のもう一方の手のゆびを使って,
        テストする1本のゆびの末節橈側と
        隣のゆびの末節尺側に抵抗を加える
        (すなわち2本のゆびを1つに寄せ合わせる力)
        抵抗の力はどの2本のゆび同士も,
        ひとつにくっつき合う方向に加える.
テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        患者はどのゆびでも外転はできる.
        中指については2つの背側骨間筋を持っているので,
        正中線からどちらの方向にも離れる運動ができることを忘れずに
        両方向への運動につきテストすること.
 2(Poor) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第1背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.
 1(Trace) 
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        段階2の判定は,
        どのゆびについても部分的にでも
        外転運動ができれば与えてよい.以外は段階1.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

0(Zero)
検査者の位置
        患者の手関節が
        屈伸中間位を取るように支えながら,指を開かせる.
テスト
        テスト
        ゆびの外転(個々のゆびについて行う)
        背側骨間筋:環指を小指の方に外転、中指を環指の方に外転、
        中指を示指の方に外転、示指を母指の方に外転
        中指(第3指)は,
        示指と一緒に合わせてテストする場合には一方の方向に動き,
        環指と一緒に合わせてテストする場合には反対の方向に動く.
        小指と環指を一緒にテストする場合には,
        小指外転筋は第4番目の背側骨間筋と
        合わせてテストを受けていることになる.

        小指外転筋:患者に第5(小)指が
                環指から離れるように外転させる.
判定
        収縮活動が全くないもの.
        容易に触知できる唯一の背側骨間筋は第2背側骨間筋で,
        基節底のところで触れることが可能である.
        小指外転筋は手の尺側縁で触知できる.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<手指内転の徒手筋力テスト徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用手指DIP関節の徒手筋力テスト>>

<<手指内転の徒手筋力テスト徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用手指DIP関節の徒手筋力テスト>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。