FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 手指内転の徒手筋力テスト

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 手指内転 > 手指内転の徒手筋力テスト

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手指内転

手指内転の徒手筋力テスト

手指内転の徒手筋力テスト

主動作筋 

*掌側骨間筋    起 始   第2・4・5中手骨側面
             停 止   第2・4・5指の指背腱膜(基節骨)
             支配神経 尺骨神経

補助筋   
示指伸筋

*5~0坐 位

注意


その他
ゆびの末節をつまんで外転する方向にゆびを弾いてみることにより,
手早く検査できる.もしゆびが跳ね返るか,ピタッと元に戻るようなら,
その骨間筋には機能が残っている.
テスト中,ゆびの屈曲が起こらないよう注意すること.
長指屈筋にはゆびを内転させるはたらきがありうるからである.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.
 4(GOOD)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        これらの筋はあまり抵抗には
        耐えられないという点で特別弱い筋である.
        段階5と4の区別は実際問題として無用で,
        与えられる段階は正常の手について
        検査者がどのくらい経験を積んだかにより左右される.

 3(Fair)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
        テストするそれぞれのゆびを外転させる方向に抵抗を加える.
        検査者は2本のゆびを「引き離そうと」こころみる.
        1つずつのゆびについて別々に抵抗を加えること.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        患者は中指に向かってゆびを内転し,
        閉じることができるが,
        抵抗を加えられたときにはそれに抗してまではできない.
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        段階2はテストされている各指の内転運動の一部ができる場合.
        段階2のテストはゆびに外転位を取らせてから始める.
        掌側骨間筋の触診が可能な場合は稀である.
        検査者の指をテストする指の側面に押し当てることにより、
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探りうる。
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        検査者のゆびをテストするゆびの側面に押し当てることにより,
        段階2より以下の筋の外に向かう軽い動きを探り得る.

0(Zero)
検査者の位置
        検査者は隣り合う2本のゆびのそれぞれの中節をつかむ.
テスト
        ゆびの内転(各個のゆびのテスト):
        小指の環指方向への内転、環指の中指方向への内転、
        示指の中指方向への内転、母指の示指方向への内転。
        時々,第4掌側骨間筋が存在する場合がある.
        これを母指内転筋から分離した筋と考える人もある.
        いずれにせよ,この2つの筋を臨床的に
        区別することは不可能である.
        中指(別名長指,第3番目のゆび,母指を別にすれば第2指)には
        掌側骨間筋は存在しないので,
        このゆびについては内転テストは行わない.
判定
        筋収縮がない

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<手指母指MP関節屈曲徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用手指外転の徒手筋力テスト>>

<<手指母指MP関節屈曲徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用手指外転の徒手筋力テスト>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。