FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 手関節伸展

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 手関節伸展 > 手関節伸展

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手関節伸展

手関節伸展

徒手筋力テスト~手関節伸展~

主動作筋 

*長橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第2中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*短橈側手根伸筋  起 始   上腕骨外側上顆
             停 止   第3中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経

*尺側手根伸筋   起 始  上腕頭:上腕骨外側上顆、尺骨頭:尺骨後側面
             停 止  第5中手骨底の背側面
             支配神経 橈骨神経


補助筋   

*小指伸筋 示指伸筋 指伸筋

肢位
*5~0坐 位

注意
*手指の伸展に力が入りすぎないように



その他
 1.橈側手根伸筋群は尺側手根伸筋よりかなり強力である.
 2.第5,第6頚髄で完全四肢麻痺を起こした患者では,
   橈側手根伸筋群だけが残ることになる.
   手関節伸展(背屈)時に橈屈(橈側偏寄)が起こるのは,
   橈側手根伸筋の手関節に対するはたらきがより強いことを意味する.
   最もしばしば見られる代償動作は,
   指伸筋が参加するのを許すときに起こる.
   これをほとんど起こらないようにするには,
   ゆびの力を抜き,伸展させないように注意しながらテストすることである.        

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
        
判定
        3つの筋すべての同時テストでは,
        最大の抵抗に抗し負けることなく
        完全手根関節伸展(背屈)できる場合.橈屈(橈側偏寄),
        尺屈(尺側偏寄)のテストの際には,完全伸展は必要ない.
 4(GOOD)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        3つの筋すべてを同時にテストする場合には,
        強力ないし中等度の抵抗に抗し,
        完全手関節伸展(背屈)できるもの.
        個々の筋を別々に分けてテストする際には,
        完全手関節伸展はできないこともある.

 3(Fair)
検査者の位置
        患者の斜め前に座るか立つ.患者の前腕を支えてやる.
        抵抗を加える方の手は,中手骨の背面に当てる.
        3つの筋全体を同時にテストするには,
        患者にいずれの側にも偏らない
        手関節伸展(背屈)を行わせること.
        段階4と5に対する抵抗は第2から第5中手骨の上に
        前方かつ下方へ向かう方向に加える.
        
        長,短橈側手根伸筋
        (橈屈を伴いながらの伸展)をテストするには,
        抵抗を第2と第3中手骨(手の橈側)の背面に
        屈曲かつ尺側に偏らせる方向に加える.
        
        尺側手根伸筋をテスト
        (尺側への偏りを伴いながらの伸展)するには,
        抵抗を第5中手骨(手の尺側)の背面に屈曲かつ
        橈側に偏らせる方向に加える.
テスト
        3つの手根伸筋の総合テストを行うためには,
        できる限りの運動範囲全体にわたって
        手関節を完全にまっすぐ上に伸展(背屈)させる.
        ゆびの伸展はさせてはならない.
        2つの橈側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手関節を手の母指の側に向かうように伸展させる.
        患者に運動の方向を示すために,
        あらかじめ多少伸展かつ橈屈(橈側偏寄)の位置を
        取らせるのもよい.
        尺側手根伸筋をテストするためには,
        患者に手の尺側に向かう方向に手関節を伸展させる.
        検査者があらかじめ患者の手関節を尺側に向かう運動を
        のみこませるためにその位置を取らせてみるのもよい.
判定
        筋全部に対するテストでは、
        抵抗が加えられなければ可能な範囲の
        運動を完全に遂行できるもの.
        橈側伸筋と尺側伸筋を別々に分けるテストでは,
        どちらかに偏らせるために
        大きな範囲の運動はできないことがある.
 2(Poor) 
検査者の位置
        前腕を中間位にさせ
        患者の手くびのところを持って支えてやり,
        手が台から離れ摩擦が起こらないようにする.
テスト
        患者に手関節を伸展(背屈)させる
判定
        重力がかからなければ,
        運動範囲全体を完全に動かせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        いずれの筋についても,目に見える,
        あるいは触知できる収縮活動が存在する.
        しかし,手関節の運動は起こらないもの.

0(Zero)
検査者の位置
        前腕を回内位にさせ、
        患者の手関節を伸展(背屈)位に支えてやり,
        他方の手で触診する.
        1つのテストで1つの筋を触知するのに1本のゆびを使うこと.

        長橈側手根伸筋
        第2中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        短橈側手根伸筋
        第3中手骨の線上で手関節の背面にこの筋の腱を触知する.
        尺側手根伸筋
        尺骨茎状突起のすぐ遠位で,第5中手骨の近位の手関節背面にこの筋の腱を触知する.
テスト
        患者に手関節を屈曲しようとこころみさせる.
判定
        筋収縮がない


よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<徒手筋力テスト~手指PIP関節~徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用徒手筋力テスト~手指MP関節屈曲~>>

<<徒手筋力テスト~手指PIP関節~徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用徒手筋力テスト~手指MP関節屈曲~>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。