FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 肩甲骨外転と上方回旋

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 肩甲骨外転と上方回旋 > 肩甲骨外転と上方回旋

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩甲骨外転と上方回旋

肩甲骨外転と上方回旋

肩甲骨外転と上方回旋


主動作筋 
  *前鋸筋     起 始    第1~9肋骨側面
            停 止    肩甲骨内側縁全体の肋骨面
            支配神経  長胸神経

補助筋   
  *小胸筋

肢位
  *5~0坐位

注意
  *体幹固定・肩甲骨の位置を事前に確認(翼状肩甲ならば2~始める)

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
         患者をテストする側に立つ.
         抵抗を加える手は肘より中枢位の上腕に加える。
         もう一方の手は母指と示指の水かきにあたる部分を肩甲骨の下角の部で
         肩甲骨の椎骨縁(内側縁)と腋窩縁(外側縁)に沿わせて触診に
         使用する.
テスト
         患者は肘関節伸展位で上肢を約130°屈曲(前方挙上)する                        (検査者は上肢は鋸筋を用いないで60°まで挙上できることを忘れてはならない)
         肩甲骨は翼状を呈することなく上方に回旋(関節臼が上方を向く)
         かつ外転する.
判定
         肘の直上の部の上肢に加えられた下の方に向かって押し下げるような
         最大の抵抗に対向して肩甲骨の外転かつ回旋位を
         保ち続けることのできるもの.
 4(GOOD)
検査者の位置
         患者をテストする側に立つ.
         抵抗を加える手は肘より中枢位の上腕に加える。
         もう一方の手は母指と示指の水かきにあたる部分を肩甲骨の下角の部で
         肩甲骨の椎骨縁(内側縁)と腋窩縁(外側縁)に沿わせて
         触診に使用する.
テスト
         患者は肘関節伸展位で上肢を約130°屈曲(前方挙上)する
         (検査者は上肢は鋸筋を用いないで60°まで
          挙上できることを忘れてはならない)
         肩甲骨は翼状を呈することなく上方に回旋(関節臼が上方を向く)
         かつ外転する.
判定
         肩甲骨は上肢に加えた最大の抵抗には抗し切れず「負ける」か,
         押し下げを「許す」もの.三角筋が強力であるときには,
         臼上腕関節は強固に固定できるが,
         鋸筋は力負けして肩甲骨は内転,下方回旋の方向に動く.
 3(Fair)
検査者の位置
         患者をテストする側に立つ.
         抵抗を加える手は肘より中枢位の上腕に加える。
         もう一方の手は母指と示指の水かきにあたる部分を肩甲骨の下角の部で
         肩甲骨の椎骨縁(内側縁)と腋窩縁(外側縁)に沿わせて
         触診に使用する.
テスト
         患者は肘を伸展位に保ったまま,上肢を約130°屈曲(前方挙上)する.
判定
         肩甲骨は翼状を呈することなく全運動範囲を通じて動かせるが,
         上肢の重量を持ち上げられるだけで,
         抵抗を加えられたときには対抗することはできない.
 2(Poor)
検査者の位置
         患者のテストする側に立つ.片方の手で患者の肘を支え,
         水平位より高く保つ.別の方の手は母指を腋窩縁(外側縁)に沿わせ,
         他方のゆびを椎骨縁(内側縁)に沿わせるように
         肩甲骨下角にあてがう.
テスト
         検査者は肩甲骨の下角を軽くつかんで,肩甲骨の動きの有無を調べる.
         検査者はその際決して運動を制限したり,
         抵抗したりしないことが重要で,
         肩甲骨が翼状を呈し浮き上がりを見せるか否かを観察する.
判定
         もし患者が上肢を挙上位に保とうとした際に肩甲骨が外転し,
         かつ上方に回旋するようなら,臼上腕関節筋に筋力減弱があるといえる.
         鋸筋は段階2と判定する.
         もし肩甲骨が上肢の重力を抜いてやってもスムースに外転,
         上方回旋しない場合,
         あるいは肩甲骨が脊推棘突起の方に動くような場合には
         鋸筋の段階は2-(Poor-)とすべきである.
 1(Trace)
検査者の位置
         患者の前で,わずかに一側に寄った位置に立ち,
         患者の上肢を肘で支え90°以上の位置に保つ.
         他の手を指尖がちょうど下角の前で椎骨縁(外側縁)に沿うようにし,
         鋸筋を触診できるようにする.
テスト
         患者はテスト肢位に上肢を保つよう努力する.
判定
         筋収縮が触知できる場合.
 0(Zero)
検査者の位置
         患者の前で,わずかに一側に寄った位置に立ち,
         患者の上肢を肘で支え90°以上の位置に保つ.
         他の手を指尖がちょうど下角の前で椎骨縁(外側縁)に沿うようにし,
         鋸筋を触診できるようにする.
テスト
         患者はテスト肢位に上肢を保つよう努力する.
判定
         筋収縮がなし.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

<<肩甲骨下制と内転徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用検査を行うときの注意>>

<<肩甲骨下制と内転徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用検査を行うときの注意>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。