FC2ブログ

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > スポンサー広告 > 頸部伸展の徒手筋力テスト

徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用 > 頸部伸展 > 頸部伸展の徒手筋力テスト

おすすめの参考書


楽天での在庫や感想はこちらから→楽天ブックスで探す

無料のPT/OT国家試験メルマガはこちら→メルマガで国試対策

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頸部伸展

頸部伸展の徒手筋力テスト

頸部伸展の徒手筋力テスト

主動作筋 

* 頸最長筋
* 頸板状筋
* 頸半棘筋
* 頸腸肋筋
* 僧帽筋上部

肢位
*5~3伏臥位
*2~0背臥位

注意


その他
検査者は,これらの諸筋がさほど筋力の強い筋ではなく,それが最大の努力をしてもあまり大きな抵抗には耐えられないから,臨床的に注意を払いながらテストを行う必要がある.

検査
 5(NORMAL)
検査者の位置
        検査者の片手を患者の頭の頭頂後頭部の上に抵抗を加えるために置く.
        別の方の手は頭の下で頭を支えられるようにしておく.
テスト
        患者は顎を上げることなく頚を伸展する
判定
        患者は運動範囲全体を完全に動かしうる上に,
        最大の抵抗を加えられてもそれに対抗して止めておくことができる.
 4(GOOD)
検査者の位置
        検査者の片手を患者の頭の頭頂後頭部の上に抵抗を加えるために置く.
        別の方の手は頭の下で頭を支えられるようにしておく.
テスト
        患者は顎を上げることなく頚を伸展する
判定
        患者は中等度の抵抗ならそれに抗して運動範囲全体にわたり完全に動かしうる.
 3(Fair)
検査者の位置
        患者の頭のそばに立ち,
        片方の手で患者の前頭部(額)を支えてやる(か,すぐ支えられるような位置に置いておく)
テスト
        患者は上を見上げたり,顎を前につき出したりすることなく頚を伸展する.
判定
        運動可能範囲全体にわたり動かしうるが,抵抗には対抗できない.
 2(Poor) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        患者が検査者の両手に頭を押し付けながら,わずかでも頚椎の伸展運動が起こせるもの.
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        頚椎伸展筋に収縮活動を触知できるもの.
0(Zero)
 1(Trace) 
検査者の位置
        検査台の端の頭の方に患者の顔を見ながら立つ.両手は患者の頭の下に置く.
        検査者のゆびは触診できるように頚推のレベルで後頭骨の遠位に来るようにする.
テスト
        患者に台に向かって押しつける気持ちで頚を伸ばさせる.
判定
        筋の収縮活動も触知できないもの.

よければ応援お願い致します↓
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村

<<PT.OT国家試験対策メルマガできました徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用頭部伸展の徒手筋力テスト>>

<<PT.OT国家試験対策メルマガできました徒手筋力テストMMTの測り方と代償作用頭部伸展の徒手筋力テスト>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

おすすめのもの

リンク

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。